節分のつどい

今日は2月3日 節分です。
この日に向けて、子どもたちは行事の紙芝居や絵本を見たり、製作でお面や豆入れを作り期待を高めていました。

アイキャッチの画像はにじぐみさんの製作したお面です。
この日の給食のメニューも大豆料理の主菜や赤鬼のケーキでした。

午前中に行われた「節分のつどい」では、担当の先生から節分の由来を聞きます。

「・・・節分は昔からの日本の風習です。昔で言う季節の変わり目のことを節分といいます。そして特に暦の上で春が訪れる前は鬼が出てきて悪い“気”(邪気)を持ってくると考えられていました。そのせいで、お野菜さんがよく育たなかったり、子どもたちも病気になって保育園をお休みをしなければならなくなったり…。だから豆をまいて、鬼さんが持ってくる邪気を払って、みんな楽しく、安心して暮らせるようにと願いました。」と。

子どもたちもそれぞれ新聞紙を丸めた豆や豆入れ、お面を披露しました。

はなぐみ

とりぐみ

かぜぐみ

つきぐみ

にじぐみ

ほしぐみ

さて、ここで太鼓の音がして…オニさんの登場です。
あまりの迫力(?)で泣き出しちゃう子もいましたが・・・

「鬼はそとぉ~~福はうちぃ~~」新聞紙で作った豆を投げつけます。

小さいクラスから順で投げて行きます。怖さ半分で泣きながら必死に投げる子も。

最後に一番年長のほしぐみさんが投げ始めると???

するとオニの邪気が抜けたのか、だんだん穏やかな表情になりました。そしてそして
子どもたちと先生が ♪豆まき♪の歌をうたうとその元気な歌声に合わせて踊りだしちゃった鬼さん。そのコミカルな動きにさっき泣いていた子まで笑いだして、保育園が笑い声で溢れました。涙が出てくるほど笑ってしまった先生も。

その明るい笑い声に福の神も舞い降りてきたようでした。

今年の午後のおやつでは可愛いい赤鬼さんが登場。「♪つのつの1本、赤鬼どん♪」と普段音楽集会で歌っているお歌を自然に口ずさむ子どもたちでした。

楽しい思いで終わったCOSMOS保育園の「節分のつどい」でした。

夕方、「鬼は外!」「福は内!」という 元気な声が聞こえました。年長のほし組さんが園の外で豆まきをしてくれている声でした。