保育の理念と基本精神

Poco a Poco保育園では、ひとりひとりを大切に保育しています。

…基本精神

子どもを無条件に愛し、喜びをもって保育します。
基本的信頼関係を築き上げ、子どもの最善の利益を追究します。
子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培います。

…保育の理念

児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境の中で育てられる。

(『児童憲章』の冒頭に謳われた理念)

子どもは親にとって宝物であるとともに、社会にとっても未来を担う宝物です。
一人ひとりを尊重し、理解と愛情を持って保育に携わります。
人生のスタートラインでこのように育てられた子どもは、成長して人を人として尊ぶ人になるでしょう。
そしてそのような子どもをできるだけ多く世に送り出すことによって、真に平和で幸福を実感できる社会が築かれるものと思っています。