ほしぐみ・クッキング、ふりかけを作ろう~食育集会 

さて、2月のクッキング月間。今日は先週に引き続き、ほしぐみの食育集会とクッキング~ふりかけを作ろう~です。

2月22日は、管理栄養士の増田好恵先生より「バランスよく食べよう」と題してのお話がありました。
食べ物に含まれる栄養は、3つの仲間に分かれ、バランス良く食べることが大切とはすでに教えてもらっていました。
その上で今日は「血や肉になる」(赤)、「熱や力になる」(黄)、「体の調子を整える」(緑)の3色のカードを準備。クイズ形式で今日の給食で食べたツナポテトや、サラダにはどんなお野菜が入っていて、食べるとどんな働きをするのかな?を考え、食材に含まれる栄養のカードを示してもらいましたと考えました。
とてもわかり易くて、給食が本当に大切なものであることがわかった子どもたちでした。

さて、前後しますが、ここからは、2月20日、ここからはほしぐみクッキング“ふりかけを作ろう!”」です。ちりめんじゃこや削り節、白ごま、味付け海苔などの材料を一つづつ味わい、五感をやしなうこと、手作りしたふりかけを、全クラスが給食時にご飯にかけて食べてもらい、ご馳走する喜びも味わう、というのがねらいです。

まずは、衛生面を考えてゴム手袋を使用しました。

 

「作ったふりかけを小さい園児さんたちにも食べてもらうという責任のある仕事だよ、」
と担任の河野先生。慣れないゴム手袋も嫌がらずに着用しました。さあ、準備OKですね。

さて、橋浦先生の持っているのは海苔。
まず皆で海苔を細かくちぎりました。

それからいりごま、ちりめんじゃこ、削り節を混ぜます。

さて、これからが本番。
熱したホットプレートでこれらを空煎りしますよ。

「わぁー湯気が上がってる!!」
「そうそう、ちりめんじゃこを茹でておいたからね。そこから水分が出てるのよ」と橋浦先生。

「あっ かつお節が動いている!!なんで動くのかな??」

一番軽い削り節がゆらゆら踊っているようです。動いているってことは、ポットプレートから熱が出ているしるしですね。

子どもたちが順番で混ぜ混ぜしました。

混ぜ混ぜする手もサラサラと軽くなってきました。

やがてお部屋中に香ばしい良い匂いが・・・・ふりかけもふんわり香ばしくサラサラに。

ボールに移して最後に味をととのえるために「魔法の塩」をふりかけます。

「う~ん・いい香り。沢山できたわ!」
「保育園の子ども達全員が食べる分、あります。」すごいね、ほしぐみさん。子どもたち、先生たち全員分のふりかけを作ったなんて。

まずは園長先生を呼びます。
「園長先生、食べて下さい!!」
「う~ん。とても美味しいです、ご飯が沢山食べられそうです。」と園長先生。

給食のとき、ほし組さんが各クラスに配ってくれました。
「みんな、食べてね!」
大成功に終わったほし組クッキング。大役を果たしてとても誇らしげですね。

ほしぐみお手製のふりかけをご飯にかけて食べる はなぐみ、とりぐみさん。

楽しく調理を終えたほしぐみさんからは
「今度は焼きそばが作りたい!」
「私、お好み焼き!」
「私、今日のふりかけ、お家でも作ってみる!!」
と元気な声が聞かれました。

ホットプレートを使った簡単調理、3月は“どら焼き”を作りますよ!お楽しみに!!