七夕のつどい

今日は「七夕のつどい」をしました。

七夕のつどいでは、「きらきらぼし」の歌を歌い、七夕の由来を保育士から聞き、そして「七夕」の歌を歌います。

ここで保育士が用意した七夕の由来のペープサートをご紹介します。

 

牛飼いの彦星と機織りの織姫が、仕事もせずに遊んでばかりいることで、怒った織姫のお父さんが二人を分け隔てる大きな川を流しました。

 

 

 

 

二人は悲しくなりましたが、彦星は牛飼いの仕事と畑仕事を、織姫は機織りの仕事を再開してしっかり働きました。

その働きぶりを見た織姫のお父さんが、一年に一度だけ、大きな川にカササギが大きく羽を広げたところを橋として渡って会うことを許してくれました。

 

 

 

 

 

Poco a Poco保育園でも七夕に関連した活動として、七夕飾りを作りました。

そして、今、中玄関前には、七夕飾りを用意しています。

「ぽこあぽこ保育園の子ども達が健やかに成長しますように。」

 

 

 

 

お願い事が叶いますように!