クリスマス会 2019年 12月21日(土)

12月21日土曜日はCOSMOS保育園のクリスマス会でした。会は乳児の部、幼児の部にの2部制です。まず乳児の部からご紹介いたします。おりしも、 インフルエンザが保育園内でも広がってお休みの園児も多くなってしまいました。職員はこれ以上感染が広がらないようにとマスクを着用しています。

乳児の部 クラス会

はなとりぐみ(0、1歳児)です.

はなぐみ、とりぐみでは、どの子も表情豊か。それぞれに可愛い姿があります。クリスマスにちなんで、パネルシアター「プレゼント・プレゼント」を見ました。

パネルシアターで楽しんだ後は「おなまえなあに?」。ここではみんなのお名前を順番に呼んでもらいます。自分のお名前を呼ばれるまで、わくわくしながら待っていて、呼ばれたら、喜びいっぱいに「は~い」と答えるかわいい姿を見てもらいました。そして手作りマラカスでリズムをとりながら「サンタさんとトナカイくん」を踊りました。

さて、お隣ではかぜぐみがクラス会をやっていました。

 げきごっこ おおきなかぶ

今年もげきごっこ、「おおきなかぶ」を演じていました。

「おじいさんが かぶのたねを うえました」から始まり、おばあさんや孫娘、動物たちも次々に手伝いに来ます。そしてとうとう かぶが抜けました。お友だちと力を合わせるって楽しいですね。

うたあそび 「はたらくくるま」

かぜぐみでは絵本で楽しんだり、お散歩の道すがら実際に働いている車を見たりと普段から働く車に親しんでいます。そんな子どもたち。今日はペープサートを持ちながら歌遊びをしました。

パネルシアター 「うさぎのはらのクリスマス」

次にブラックパネルシアター「うさぎのはらのクリスマス」を観ました。お部屋を暗くすると絵が光っ浮き出て幻想的な雰囲気を醸し出しています。

さて、このあとは はなとり、かぜの全体会になります。ここで幼児の部屋に移動しました。

乳児の部 全体会

オープニングでは職員による合奏「ウインターワンダーランド」が演奏されました。フルート、バイオリン、サックスフォーン、ピアノの奏者のほかに小太鼓やすず、タンバリン、ウッドブロックの打楽器が加わります。

園長のあいさつのあと、ペープサート「どんな色がすき?」を見ました。

サンタクロースさんがやってきました。そうCOSMOS保育園の子どもたちのプレゼントを持ってきてくれたようですね。でも、忙しいからってすぐに次のところに向かいました。(この季節、サンタさんも大忙しです)

最後に子どもたちも前にでて「クリスマスのうたがきこえてくるよ」を歌いました。

最後にサンタさんからのプレゼントを受け取り、調理さんの手作りにの「クリスマスクッキー」ももらいました。

運営委員会のあと、幼児の部が始まりました

オープニングは幼児3クラス合同で「赤はなのトナカイ」を歌いました。子どもたちの綺麗な歌声がホールに響きました。

次はプログラム2番、にじぐみうた、合奏「赤鬼と青鬼のタンゴ」「小さな世界」です。普段の音楽集会で手でリズムをとっている子どもたち。本番でも堂々と演じられましたね。

つぎはプログラム3番 3歳児つきぐみ げき「3びきのこぶた」です。

大ブタちゃん、中ぶたちゃん、ちぃぶたちゃんはお母さんからお家を立てるように言われます。・・さて、げき「3びきのこぶた」については別の記事でご覧くださいね。

次はプログラム4番、5歳児ほしぐみ合奏「きらきら星」「ジングルベル」です。

次はプログラム5番 4歳児にじぐみ げき「おむすびころりん」です

にじぐみではインフルエンザでお休み中の子どもたちもいました。頑張って練習してこの日を楽しみにしていたのにお休みしなくてはならず、とても残念な思いをしたお友だち。その子のために代役になったりお友だちの分まで頑張った子どもたちでした。

次は 3歳児つきぐみ合奏「山の音楽家」です

つきぐみは初めての合奏です。動物の雰囲気をだすためにお面をかぶりました。自分のところでは楽しく打楽器を奏でました。

最後は5歳児げき「ブレーメンのおんがくたい」です。

原作のお話をより自分たちに身近なストーリーに仕上げるために、動物さんのセリフを原作のニュアンスを変えない程度に経験の中からのことばに変えているところもあります。詳しくは別の記事でお楽しみください。

さて、ここからは全体会です

オープニング

オープニングでは乳児の部と同じように職員の合奏、ウインターワンダーランドから始まりました。COSMOS保育園のクリスマス会では毎年職員の合奏があります。出演は音楽好きの職員のレギュラーメンバーに加え、他の先生たちも参加。鈴やトライアングルなど子どもたちも手にしている身近な打楽器を用いて楽しく音を合わせました。

園長先生の挨拶のあと、マジックボックスが出てきました。

何も入っていないはずの箱なのに不思議不思議、クリスマスツリーとケーキが出てきました。

サンタクロース登場

次に登場したのは「あの」サンタクロースさん、あれ?さっきも来てくれた??幼児ぐみさんのためにまた来てくれたのでした。

みんなでうたおう

最後にはみんなで「クリスマスの歌がきこえてくるよ」を歌いました。

最後にサンタさんからのプレゼントやクッキーを担任や調理の先生から受け取りました。

合奏やうた、劇あそびでは お友だちと一緒に練習したり、声や楽器を合わせたり、劇の小道具や背景を作ったりする中で、いろいろ工夫したり、力をあわせる楽しさを感じることができました。

子どもたちの生き生きした姿に心をを動かされたクリスマス会でした。

つきぐみ げき「3びきのこぶた」

おかあさんから、じぶんたちで おうちを建てて すむように言われた3びきのこぶたです。

それぞれ、藁で簡単に作れる家ー大ブタちゃん。 トンカチで釘を打って作る木造のお家ー中ブタちゃん そしてセメントで固め積み上げてつくる頑丈なレンガのお家ーちぃブタちゃん。みんな自分で作ったお家がとても気に入っています。「どう、かっこいいでしょう?」「どう?素敵でしょう?」「キラキラでしょう?」など、みんなすごく誇らしげです。

ところが、お腹を空かせたオオカミがこぶたちゃんたちに近づいてきました。

オオカミは藁のお家、木のお家を吹き飛ばして、こブタちゃんたちを食べようとしました。

大ブタちゃんも中ブタちゃんもオオカミにお家を吹き飛ばされたので、ちぃぶたちゃんのレンガのお家に逃げました。

最後にオオカミはレンガのお家にそーっと近づいてきました。

オオカミはレンガのお家を吹き飛ばそうと思い切り息を吸い込むと力いっぱい吹きかけました。でもレンガのうちはびくともしません。もう一度息を吹きかけてみました。やっぱりびくともしません。それでもオオカミはあきらめません。今度は煙突から入ろうとしました。

でもこぶたちゃんたちは暖炉に火を燃やしてオオカミのことを待っていました。そこへオオカミが落ちてきて‥

「あちちち~~ ぶたさんたち、ゆるしてー」「怖い思いをさせてごめんなさい」

オオカミさんは こぶたちゃんたちにあやまりました。

さて、こぶたちゃんたち、どうする??

「一緒にパーティーしよう」

こぶたちゃんたちとオオカミは仲良くなってずーと一緒に楽しく暮らしたということです。

ここで♪「たのしいね」を歌いました。

親から自立して、自分の身を守っていくにあたっては困難や失敗がありました。しかしオオカミに対して無防備だったお兄さんぶたちは ちぃぶたちゃんに助けられました。怖い思いをして初めて学ぶこともあったでしょう。ちぃぶたちゃんは お兄さんぶたたちに比べて思慮深く、計画的に天敵から身を守る家を建てました。オオカミもちぃぶたちゃんのレンガのいえが壊せなかったので、こんどは煙突から侵入してきました。けれどもちぃぶたちゃんは 慌てることなく とっさに発想をかえ、暖炉の火を用いてオオカミを撃退しました。ちぃぶたちゃんがが一枚上手でしたね。「悪いオオカミは森へ逃げて行ってここでおしまい」、というのが良くある結末ではありますが、つきぐみではオオカミさんを許してあげよう、という意見が子どもたちの方から出ましたので、つき組バージョンの結末となっています。敵の心を動かし、謝罪させ、そして仲良くなる、という結末には、つきぐみさんのやさしさが感じられますね。最後に♪たのしいね をみんなで歌い、晴れやかな気分にさせてくれる劇になりました。

ほしぐみ げき「ブレーメンのおんがくたい」

うた、なかま、ちえ=たのしくいきる ちから

ブレーメンにいこう、うたうたいながら

どろぼうさんの かくれが

暗くなって食べるものも とまることろもなく、とほうにくれる どうぶつさんたち。そんなとき もりのむこうに明かりをみつけました。「やったーみんなで行ってみよう!」ところがそこは どろぼうの かくれがでした。

どうやって どろぼうを おいだそうか

まてよ、いまのはほんとうに おばけだったのかな?

みんなでここでくらすことにしようよ

うたがあれば なかよくなれる。ちえも ちからもでる。

「♪どんなにつらいことがあっても だいじょうぶ ぼくらにはうたがある~~ ♪

うた、なかま、ちえ =「楽しく生きる力」というプレゼントをもって

サンタクロース イズ カミング トゥ タウン~~サンタが街にやってきました

これでほしぐみの劇はおわりです。ほしぐみさんはこの劇の導入にあたって、絵本を何度も読んで物語の世界を味わったあと、自分たちが感じたことや 感覚・経験・生活をもとにセリフを組み立てなおしたところもありました。そのことで、セリフを自分のものとして自信をもって表現できました。台本をなんども読みあわせ、お友だちのセリフもよく聞いた中で、役柄になりきってみんなで力を出し合って一つの劇を演じることができました。どうぶつさんのうたの部分では堂々とうたいながら行進し、希望がみなぎる姿を、泥棒さんのうたでは仲良く肩を組んでうたい、仲間意識が強いことを表現しました。

歳をとって働けなくなって職を失い、途方にくれる動物さんたちはその時点では生活の基盤をうしなった弱い存在でしたが、仲間と一緒ということと、音楽のちからで 生きるエネルギーを得ていきます。「どんなに辛いことがあっても、大丈夫、僕らには うたがある。」とうたいながら子どもたちは意気揚々と行進していきます。また、知恵を出し協力しあって泥棒をおいだす、というシーンではもはや弱い動物ではなくなっています。そして、住むところがみつかったので、何もブレーメンまで行かなくても 「今、ここ」で十分楽しんで生きていけることに気がついた動物さんたちでした。

一方、どろぼうさんたちは「世界中のお宝をいただくのが夢、」と大きなことを言っていますが、意外と臆病なところもあり、そんなこともからも、仲間とも協力しあって生きていることもわかります。

そして最後には動物さんに呼ぼれて一緒に音楽を楽しむように。

クリスマス会の出し物でしたので、「私達は大きな『愛』で包まれている」というCOSMOS保育園の理念をもう一つのテーマとしていました。最後に歌ったうた、♪サンタが街にやってくる、のサンタのプレゼントとは、「楽しく生きる力、その生き方そのもの」を示している気がしました。

見る人が楽しめる、感動を与えられる劇に仕上げてくれた、子どもたちと先生方に感謝します。